GENERAL

Cell Maestro: 代謝ストリングに対する NMN の影響

一部の NMN (ニコチンアミド モノヌクレオチド) 強化剤には、NMN の摂取に作用するさまざまな混合物が含まれている場合があります。 これらの混合物は、NMN の生物学的利用能をサポートし、細胞への輸送を成功させる役割を果たすと考えられています。 それらの一部は以下で徹底的に理解されます。

クエン酸塩: 柑橘類の抽出物は、一部の NMN 効果サプリメントに含まれる添加物で、胃腸の小包の腐食性を制御することで NMN の同化に作用します。 消化管内の腐食性が適切に制御されると、NMN が生産的に吸収されて体内に運ばれる可能性が高まります。
ピパリン: ピパリンは黒コショウから抽出された固定剤で、一部の NMN サプリメントに添加されています。 ピパリンは、胃腸領域を通過する部分を緩和し、特定の化学物質の移動を調整することにより、NMN の同化に作用することが示されています。
レシチン:レシチンは卵黄や大豆などに含まれる脂質の一種で、脂肪が溶けやすい部分を包み込む働きがあります。 これにより、NMN の水溶力がさらに発達し、胃腸内での腐敗が防止され、保持率がさらに向上する可能性があります。
リボース: リボースは一部の NMN 強化剤に含まれており、NMN の細胞への取り込みをサポートします。 同様に、リボースは細胞内で NMN を NAD+ に完全に切り替えることが期待されており、リボースの拡大によりこのサイクルが加速される可能性があります。
これらの固定は NMN の同化に作用すると言われていますが、点ごとの影響や構成要素はまだ完全には説明されていません。 さらに、一部の NMN 拡張機能はさまざまな修正と連携する可能性があるため、実行する前に専門家からアドバイスを受けることが重要です。 同様に、特定の機能強化の保持は、これらの修正を組み合わせることによって実現される可能性がありますが、その影響は人によって異なる可能性があることを覚えておくことが重要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *